全国の試験監督バイト求人を完全網羅!

試験監督バイトでカンニングを発見したらどうするの?

試験監督.com画像

もし自分が受験生の不正行為を目撃してしまったら・・・?

自分が声をかけるべきなのか?

カンニングってそんなに頻繁に行われるの?

試験監督バイトを始める前は、不安なこともありますよね。

今回は、試験監督バイトとしてカンニングを目撃してしまったときの対処法をお伝えいたします!

 カンニング

目次

1.カンニングはレア?2.本当にカンニングをしているのかどうか判断するには?3.もし発見したらどうする?4.カンニング行為一覧5.まとめ

カンニングはレア?

試験中の不正行為の代表例として挙げられる「カンニング」

隣や前に座っている人の解答や、隠し持った「カンニングペーパー」などを覗き見る行為ですよね。一度は経験あります!という方もいるかもしれません・・・。

最近では、携帯スマートフォンをカンニングのアイテムとして利用するケースが多発しているなんてことも聞きますが・・・。


カンニングってそんなに頻繁に行われているものなのでしょうか?

試験監督経験者にお話を伺いましたが、カンニングを見たことがある!という人もいれば、今までで一度も見たことがないという経験者もいました。

ですが、実際は「見たことがある」「不正行為に対応したことがある」という人は、そんなに多くはいないと思って大丈夫でしょう。

私も試験監督をやっていましたが、ほとんど見たことがないです。普通に試験を開始して、ぼーっとしていれば一日は終わります。

カンニングってその動作をした時点でかなり怪しいですし、受験者としても見つかってしまったら即失格ですからね!

しかし、運悪く自分の教室でカンニングらしき行為をしている受験者がいることもあるので、不正行為の有無はその日の運次第だと思ってください。

 カンニング2

 

本当にカンニングをしている・・・?

 そもそも、本当にカンニングが行われているのかを判断するのって、結構難しいんですよね。

カンニング自体が行われるのは比較的珍しいですが、教室を見渡しているときに
「あれ、あの子ちょっと左に傾いてる。」
「あの受験生、さっきからキョロキョロしてるなぁ。」
「ほとんど手を動かしてないけど、たまに思い立ったかのように解答を書いてるな・・・」
なんて思ってしまうことは多々あります。

色々な受験者がいますから、少し癖のある動きをする人ももちろんいます。

たしかに怪しいけれど、はっきりカンニング行為とは言い切れないような場合が多いですね。

カンニングしているのかが不明な時は、巡回するふりをしながら近づいてみると良いと思います。近づいたときに慌てた様子を見せたり、急に固まってしまった場合は、不正行為かもしれません!

  

もし発見したらどうする?

 巡回や様々な角度からの監視を続けた結果、

これは明らかに怪しい!不正行為の可能性が高い・・・!

と判断した場合は、その受験生を放っておくわけにはいきません。

しかし、試験監督とはいえアルバイトですので、勝手に受験生に声をかけて、注意をしてしまうことは控えましょう。
あくまでも周りの受験生に迷惑のかからないように対処を進めていきます。

まず、怪しい学生の受験番号を控え試験監督主任や教室責任者に状況を伝えます。試験中は声を出せないので、紙に書いておいて渡したりします。

なんらかの指示が主任から出されると思うので、指示を待ってください。大抵の場合は決定的な証拠がないので、監視を続けるよう指示されます。

カンニングペーパーが見つかったり、盗み見ているところを改めて確認できた場合は、主任がその受験生に声をかけて退室させます。退室させられた場合は失格扱いになったということです。

ただキョロキョロしていただけのときなどは、「勘違いされるような行動はとらないでください」と主任が伝えにいくこともありますし、主任が巡回をする際に怪しい受験生の前でしばらく立ち止まって様子を見ることもあります。

その間も、バイトの私たちは監視を続ければいいだけで直接受験生と接することはほとんどありませんので、ご安心ください!

つまり、試験監督バイトが不正らしき行為を見てしまった場合は、主任に受験番号やどのように怪しいかを伝えればいいのです。あとのことは主任が対処してくれるはずなので、くれぐれも慌てずに、冷静にメモをしてくださいね!

 カンニング3

カンニング行為一覧

カンニングと一言でいっても、その方法は様々です。科学技術の発達とともに、カンニングの技術も日々進化しています。

不正行為をしている人を見逃さないためには、第一に不正行為の方法を知るのが一番だと思っています!

実際にあった巧みなカンニングの方法を調査したので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。 

実際にあったカンニング行為一覧
他人の解答を見る編
首の体操をしていると見せかけて、左右前後の解答を見る
窓の外の様子を見ているふりをして、の人の解答を見る
トイレに行くとき、ありとあらゆる解答を盗み見る
自力で頑張る編
カンニングペーパーを身体のどこかに仕込む
カンニングペーパーをペンの中に仕込む
手のひら手首などにボールペンなどで直接書いておく
・携帯・スマホをバレないようにいじり、解答を見たりネットで検索する
携帯・スマホを持っておき、トイレ解答を見たりネットで検索する
机の上にバレない程度に薄く書いておき、試験中に見る
・(壁側の席のとき)に薄く書いておく
マスクの内側に書いておく
チームで挑む、カンニング編
・予め暗号を決めておき、わからない問題があった場合に仲間に知らせる
・バレないようにメールやラインを打って相談する
・仲間が近くにいるときは、解答用紙を見えやすい場所に置いておく

etc…

まとめ

いかがでしたか?試験監督アルバイトの不安を、少しでも解消できたでしょうか。

カンニングを発見してしまった場合も、慌てず冷静にいれさえすれば、試験監督バイトとして全く問題ありません。

周りの受験生のことを考えた行動は大切ですが、プレッシャーに思いすぎず、リラックスして頑張ってください!

その他のコラム

その他の特集

人気エリア

東京 大阪 神奈川 名古屋(愛知) 京都 神戸(兵庫) 埼玉 福岡 千葉 札幌(北海道)

キーワード

TOEIC TOEFL 英検 漢検 採点・添削 日本語能力試験 国家資格試験 模擬試験 駿台 代ゼミ 河合塾 日能研 四谷大塚 在宅(在宅アンケート・在宅ライター)

関東

東京 埼玉 神奈川 千葉

北海道

札幌

東海

名古屋

関西

大阪 京都 神戸(兵庫)

九州

福岡